OLは善に生きるです。

株式会社ユーピーエフにてPマークコンサルの営業にいそしむ酒好きOLが営業用にブログを書いています。金曜日の夕方、最後の余力を使って更新しています。引用したニュース記事はすぐ消えるかもしれないので、サッと読んだらすぐ忘れてください。趣味は帰省です。愛情をもって暮らしています

今期スタートのおしらせと個人情報保護法の改正(茄子)

おばんですー!
プライバシーマーク取得支援の株式会社UPFのあかまですヽ(^o^)丿

 

 

6月は決算月だったんです本当に忙しかっただけなんです。

(初手安定の言い訳)

 

一応週に1回の更新が目標で社内スケジュールにも毎週金曜日には「ブログ書く」って入れているんですよ。

 

そんなわけで、無事今月から新しい期のはじまりです(^O^)!

ラストのクォーターは社員一同がへろへろになりながら

目標を無事達成いたしました(^O^)(^O^)(^O^)

 

これも偏に、弊社のウェブページを見つけてくださってお時間を割いてご提案を聞いていただけたお客様のおかげです。

前期でご縁がなかったお会社もまた是非後ほどお会いしましょう

 

🐥

 

さて、来たる2022年に個人情報保護法が改正されます。

保護法なので当然事業者に影響が出るのですが、特にルールの変更が必要になるものをご紹介します。

 

ずばり、事業者が順守すべき義務です。

 

個人情報が漏洩した際、事業者は個人情報保護委員会へ「速報」「確報」の二段階で報告・漏洩した個人への通知が義務化されます。

 

報告が義務づけられるのは下記4点

  • 要配慮個人情報
  • 財産的被害が発生するおそれがある場合
  • 故意によるもの(不正アクセスなど)
  • 漏えいした個人情報が1000人を超える場合

 

現行法では、報告・本人への通知は努力義務とされています。

 

その他、漏洩発生時の罰金も改正されます。

現行法では50万のところ、1億円以下となります。

 

 

まだまだ変更される箇所はあるのですが、これを読んだ皆様に感じてほしいのは

「またプライバシーマークの規定類を変えなきゃなあ…」ではなく、

「より一層、漏洩対策を整えよう」ということです。

 

情報資産を失うことは企業にとって死活問題となります。

UPFといっしょに保護対策やっていきましょ(^O^)

 

🐥🐥🐥

 

親愛なる知人がフェイスブック

「『緊急事態宣言』って『プレミアムフライデー』くらい死語だよね」

って投稿してておもしろかったですジョークですよジョーク。

 

 どんなときもそうなのですが、いまある資源のなかでやるっきゃないがモットーです。

 

きっと今夏もおおきな旅行には行けないかと思いますので、

積極的に季節感を取り入れて生活していこうと邁進しています。

 

f:id:upf5:20210709085932j:image

あかまの好きな定食屋さん、夏に向けて茄子のメンチカツを出していました。

お味噌汁も茄子入り。夏野菜だいすきなあかまは通い詰めてしまいました。

 

ウリ科がおいしい季節になりますね🍉

 

遠くへ行けない我々に季節を運んでくれる飲食店さんがこれ以上苦しくならないよう、間違った度胸は持たずにたくさん自分の機嫌を取っていきましょうね。

 

次にこのブログを更新するまで、みなさんご自愛くださいね。

 

 以上!

Pマークのご相談はこちらまで↓↓↓
https://upfsecurity.co.jp/pmark