OLは善に生きるです。

株式会社ユーピーエフにてPマークコンサルの営業にいそしむ酒好きOLが営業用にブログを書いています。金曜日の夕方、最後の余力を使って更新しています。引用したニュース記事はすぐ消えるかもしれないので、サッと読んだらすぐ忘れてください。趣味は帰省です。愛情をもって暮らしています

omiaiと保管期間と誕生日

おばんですー!
プライバシーマーク取得支援の株式会社UPFのあかまですヽ(^o^)丿

 

いつの間にか6月に入ってました。

っぶね~~~~(?)

 

ていうか梅雨まだ入ってないですよね?

年々雨の少ない6月になりつつありますが、湿気はえげつなくなって参りましたね。

あかまもつい、部屋着で出社しかけましたよ。

 

🐥🐥

 

www.itmedia.co.jp

 

恋愛のはじまり方としてはもはやオーソドックスな恋活・婚活アプリ「omiai」で

約170万件の個人情報が漏洩しました。

内6割はパスポートや免許証などの本人確認書類とされています。

 

一方で、同社の企業サイトの「問い合わせフォーム」を19日午前11時から22日午後3時までに利用した人の氏名や所属企業、電話番号、メールアドレスなど8項目の個人情報が他人から閲覧可能な状態だった

 

踏んだり蹴ったりであります。

 

今回漏洩した個人情報は、アプリの現役ユーザーだけでなく

2018年1月末以降に書類提出したユーザーなら退会者も含まれるとのことです。

 

本件、omiaiの問題点は2つです。

 

①ユーザーから提出された本人確認書類の保管期間が10年だった

②上記データの暗号化処理がされていなかった

 

①に関しては、利用目的のない個人情報は速やかに消去することを個人情報保護法で促されていますが明確な期間の定めはありません。

omiai側は「退会後にユーザー同士のトラブルが発覚した際などに参照することを想定して10年と定めた」的なコメントを出しております。

合理的ではありますね。

 

では②です。

本人確認書類は漏洩した際に個人へ大きな被害が起こりうる資産です。

機微な個人情報を長期間保管をすると規定したならば相応の保護運用を講じるのが常識なのですが、ここはomiaiのずさんさでありました。

 

この事故、恋愛に限らずマッチングサービス業界の課題となりそうです。

メルカリでも似たことが起きていましたが、本来利用目的のない情報をどれほど保管しておくべきなのか再考の余地があるようです。

 

ちゃんちゃん。

 

🐥🐥🐥

 

6月に入り、あかまは誕生日を迎えました(^O^)🎉

 

2015年の年末にユーピーエフへ入社しましたので、5年と半年経ったということになります。

 

 

仕事も東京の街もだいすきです。

 

f:id:upf5:20210611104150j:image

お誕生日だったので中目黒ひつじでジンギスカンを貪りました。

(リーズナブルだしおしゃれだし川沿いで景色いい。いい店)

まだまだ外でお酒は飲めない時期が続きますが、お酒なくても別にいいかってそろそろ思えますよね。ぜんっぜん嘘ですけど。飲みたいですけど。

 

ここ1年はすこしの勇気や一過性の恥を超えると、

ものすごく楽しい景色や経験につながるということを肌で感じており、

人生ってコスパいいな~と思います。

素直と勇気を持って、手足をのびのびとさせて生きたいです。

 

29歳のあかまと引き続き仲良くしてやってください(^O^)

 

以上!

Pマークのご相談はこちらまで↓↓↓
https://upfsecurity.co.jp/pmark