OLは善に生きるです。

株式会社ユーピーエフにてPマークコンサルの営業にいそしむ酒好きOLが営業用にブログを書いています。金曜日の夕方、最後の余力を使って更新しています。引用したニュース記事はすぐ消えるかもしれないので、サッと読んだらすぐ忘れてください。趣味は帰省です。愛情をもって暮らしています

2020年が終わるということ。

 

おばんですー!
プライバシーマーク取得支援の株式会社UPFのあかまですヽ(^o^)丿

 

日曜日の朝、「今日のお昼に亀戸餃子行かない?」と連絡がありました。

餃子フェチのあかまには亀戸餃子は憧れの聖地なわけです。

 

えええ、、でもいま摂生中だし昨日の夜も外食だったしどうし行きました。

f:id:upf5:20201225104201j:image

 

1皿270円で、ひとり最低2皿の注文が必須です。

飲み物を除き、食事は餃子以外ありません。焼き餃子1種がメニューなのです。

 

岩手のわんこ蕎麦のように、店員のマダムがどんどん餃子のお皿を運んでくれます。

元来大食いのあかまは計35個食べてしまい、自分の胃の容量にゾッとしましたね。

 

どうぞみなさんも行ってみてください。

何個いけたのか、各自報告するようにお願いいたしますね。

 

以上、今月の東京ウォーカー「餃子倶楽部」担当のあかまでした。

 

🐥🐥🐥

 

さ、今日はさくっとこちらです!

年末らしく、来年の個人情報まわりのニュースです。

 

www.tokyo-np.co.jp

 

全国の自治体が個別に定めている保護条例を共通化し、改正法に明記することが柱。国、自治体、民間で適用対象によりばらばらだった保護法制は「2千個問題」と呼ばれ、データ流通の阻害要因となっているため是正する。

 

これ、結構すごいことじゃありません?

地方に拠点のあるプライバシーマーク保有事業者はすこし運用が楽になるかもしれません。

 

「2千個問題」とはなにかといいますとね、

個人情報に関する法令は「個人情報保護法」だけではありません。

地方ごとの自治体が定めている「個人情報保護条例」というものが存在しており、

日本には約2000個の各条例があるのです。

 

そこに暮らす人々や事業者は個人情報保護法に加えて各地域の条例に従って暮らしているわけですね。

 

これのなにが問題かというと、各自治体ごとに災害時用配慮者の生命・疾病患者・その他財産等々の利活用、解釈、手続きがバラつくため自治体間の連携に妨げが起きているのです。

特に近年の東日本大震災やコロナ蔓延においてはその問題が浮き彫りになりました。

 

このバラバラの保護条例を一本化する案、セキュリティコンサル会社としては目が離せません。2021年もたのしみ!

 

🐥🐥🐥

 

 

 

upf5.hatenablog.com

 

去年の年末はこんなこと言ってますね。

今年はあまり更新ができなかったのですが、後半の怒涛の更新撃を見ていただけましたでしょうか。リカバリーだけが得意な大人になってしまいました。

 

今年はコロナの影響が凄まじく、東京は罹患者数が毎日やばいことになっています。

「いまは我慢時」とテレビでは言いますが、ひとの動きに緩急が出るのはそういう「今だけ感」だともあかまは考えます。

でも、もう、元の生活には戻らないと思います。

これからも外出はマスク必須だし外食時に大皿でごはんを分けることはNGだと思います。対面に勝るリモート商談のノウハウもきっと出てきます。

 

ならばそのステージで戦うだけなのだと思いました。

飽き性のあかまは毎日の変化が大変面白いです🐥

生活や環境が変わるなら、その中でどれだけ多く生産できるかを考えることは非常に楽しいものです🐥

ゲームは、ルールがあるから面白いのです。

 

こんなハードな世情の中、今年もユーピーエフを信じてご依頼いただいた皆々様、誠にありがとうございました。

2021年は1月5日からの営業となりますので、明くる年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

以上!よいお年を(^o^)

Pマークのご相談はこちらまで↓↓↓
https://upfsecurity.co.jp/pmark