25歳OLは善に生きるです。

株式会社UPFにてPマークの布教活動を行う25歳酒好きOLが営業ブログを書いています。ただの日記と頭の中と日々得た知識を我が物顔で述べる所。趣味は帰省です。覗いていただいた方をまるっと愛したいです。よしなに。

梅雨と田舎。

おばんですー!
プライバシーマーク取得支援の株式会社UPF(http://upfgroup.co.jp/)のあかまですヾ(@⌒ー⌒@)ノ!

 

今週はほとんど雨続きでしたね!

ようやく梅雨らしい天気でした☔

あかまの親戚はほぼ農家なので、ほどよく雨が降ると安心しますヽ(^o^)丿笑

これで美味しいものが実ると思うと雨が愛おしいのですヽ(^o^)丿

 

そんな田舎のことを思い出したのがこの記事。

 

www.mbs.jp

 

個人の電話番号が記載されているあのハローページが無くなるかもしれない、とのことなのです。

オレオレ詐欺など、最近の事件にも繋がりやすいと言われている一方、そもそもハローページそのものの認知度・利用度が下がっているわけです。

 

当時は加入者全員の家に届く「全戸配布」が基本でしたが、2001年からは要望があった人のみ配布する形に。昨年度の発行部数はわずか306万部まで減少しています。今では番号の掲載を希望しない人がほとんどで、最新版には世帯数の7%あまりの数しか掲載されていませんでした。

 

昔はあかまの実家にもあった気がします。

でも両親は次男次女なので、自宅の番号は本家のみ載せてました。

(※家にあったのは黄色い冊子だった気がするのですが、ハローページの緑表紙は全国共通でしたか…?)

 

もはや家の電話って使わないんですよね、

両親共に現役で働いているので自宅番号って大変繋がりにくいですし(゜゜)☁

 

正直あかま世代、あかまの親世代からしたら必要がないのかもしれないです。

むしろ、「個人情報載せてていいの?」と不思議にも思います。

 

ただ引き続きの高齢化社会で独居老人・孤独死限界集落に対し、

高齢者の方と繋がるためには電話帳って貴重なツールかもしれないですよね。

その時代で生きているひとが確かに居る以上、一概に時代遅れとも言えません。

 

猫を追うより魚を退けよスタンスのままで良いのかなあ、、

 

うむうむ考えております。

 

プライバシーマーク関係ないけど。

 

🐤🐤🐤

 

今日は6月ラストデーですねヽ(^o^)丿

つまり、本当の本当に1年の前半が終わったということですね🐤

 

みなさんは後半どう過ごすのでしょう?

あかまは6月で25歳になりセカンド四半世紀(?)が始まるので、びしばしやりますヽ(^o^)丿

 

以上!

プライバシーマーク取得支援のあかまでした!
Pマークのご相談はこちらまで↓↓↓
http://upfgroup.co.jp/pmark/