25歳OLは善に生きるです。

株式会社UPFにてPマークの布教活動を行う25歳酒好きOLが営業ブログを書いています。ただの日記と頭の中と日々得た知識を我が物顔で述べる所。趣味は帰省です。覗いていただいた方をまるっと愛したいです。よしなに。

今年のカウントダウンが始まってしまったという事実。

おばんですー!
プライバシーマーク取得支援の株式会社UPF(http://upfgroup.co.jp/)のあかまです!
弊社はプライバシーマーク取得900件以上の実績がありますヽ(^o^)丿

 

とうとう10月に入りまして、2016年も残り100日を切ったという事実に動揺を隠しきれません。

 

早すぎません?本当に今年は約30日×12か月あったのだろうか。

5月あたりがバックレたりはしてなかっただろうか。

 

つらすぎる…

 

時の早さがとんでもない…やってけない…

 

残り日数に気付いてからは個人情報関連のよくないニュースを見ても「大ばか者め…」という感想しか出ません…

その時に見ていた記事がこちら。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

本当に大ばか者でしたヽ(^o^)丿

 

 逮捕容疑は、3月10日ごろ、無登録で貸金業を営む知り合いの男(73)に、職務上知り得た人物1人の本籍や住所、免許証の有無などの個人情報を教えた、としている。

 県警監察官室によると、男の依頼を受けた同容疑者は県警本部の照会センターに問い合わせて、男から借金をしている人物の個人情報を入手。メールなどで男に教え、男は借金の取り立てに利用していた。

 

なんていうか、大胆すぎるし隠せてない稚拙な手口だしでひどすぎますね。

公務員であることに焦点を当てて非難されがちですが、罪の重さは平等です。

 

無登録の貸金業への協業だなんて。

 

個人情報の入手先は県警内の照会センターということですが、アクセスの用途記録やログの管理はどうなっていたのかなあ。

発覚が県警内ではなくヤミ金業者の取り調べからようやく、というのも県警内の運用の惰性を想像せざるを得ません。

 

Pマークっていうのは、もちろん営業ツールやブランドとしての活用法がありますが、従業員を個人情報漏えいの原因にさせないということも出来ます。良心にゆだねるのもいいですが、万が一間違った方向にいってしまいそうなときの抑止力にもなりますね。

 

と、Pマーク取得コンサルティングの営業は思いました~゜・_・゜~

 

 

🐤

 

さて、今日もみなさんお疲れさまでした!

なんだか気温の上がり下がりが激しいですね、みなさん体調にお気をつけて!

 

以上!

プライバシーマーク取得支援のUPF
http://upfgroup.co.jp/)のあかまでした!
Pマークのご相談はこちらまで↓↓↓
http://upfgroup.co.jp/pmark/